つけまつげとアイラインの利用

home

つけまつげを自然に配置するためには、まず自分のイメージにあった目元はどのようなものかを考え、どうつくりあげてゆきたいかを考えうことから始めます。地味な目元を自然に華やかにしていきたいのか、他の人とは違うとわかるほとはっきり際立たせたいのか。普段使いなのか、パーティーなどの特別な席なのかによって全くコンセプトが違ってくるので、まずはどこでどのように使いたいかを考えて選ぶようにします。
また、つけまつげの使いこなしには、アイメイクの基本をおさえておくことが求められます。自分のまぶたや目の形に応じたメイク方法をしっかりとマスターし、つけまつげを上手に配置するようにしましょう。アイメイクの基本はまず三種の神器である「アイライン」「アイカラー」「マスカラ」の使い方をマスターすることです。
アイカラーは、目元に陰影のつく色をつけることで、立体感を調整します。そこで必要なのが「アイホール」という目の周囲の堀の深さがどのような感じであるか自分の顔立ちをよく観察してみることです。一重まぶたの人や鼻の低めの人は比較的堀の浅い顔立ちをしていることが多いので、どうすれば自然な陰影となるか、よく研究をしてゆく必要があります。
アイラインでは、目の輪郭を描くことでくっきりとした印象を目に与えます。このラインはわずかな書き分けでのだいぶ印象が違うようになるので、太さや目までの距離、向きなどよく研究をしてみてください。