つけまつげと目の補正メイク

home

つけまつげというと、二重まぶたの目がぱっちりした人がつけることで、派手に目元を飾るものと思われがちです。ですが、一重まぶたや目の小さめの人であっても、アイメイクで目元を大きめに見せつつ使用することで、二重の人にも劣らないような華やかな目元を演出することができるのです。
目を大きく見せるための補正メイクの方法としては、アイカラーの工夫とともに下まぶたへのアイラインがあります。アイカラーの使い方としては、タレ目気味の人は目尻に、つり目側の人は目頭方向に、広めに色を乗せるようにします。すると、広いスペースにホリが生まれるので、ノーメイクのときよりもだいぶ目の大きさを強調することができるようになります。
さらに、下まぶたに行うアイラインを使うことで、目の形を補正し印象を濃くすることができるようになります。具体的な手順としては、下まぶたの目の淵とまつげの間に軽くペンタイプのアイラインで色をつけます。下まぶたにつけるアイラインの色としてはあまり濃すぎるものはさけ、ブラン系などさりげないものにするとうまくいきます。色を付け終えたらアイライン用の平ブラシを用いて自然にぼかしてなじませます。
つけまつげを仕上げに装着する場合には、全員がみな同じものをつけるようではいけません。一重の人は目尻に3分の1~4分の1程度のものをつけるようにし、奥二重の人は目頭付近に長いまつげが来るのを防ぐようにするなど、場合に応じた使い分けが必要です。