つけまつげの付け方

home

つけまつげの付け方の流れを簡単に説明します。つけまつげは、現在ドラッグストアや量販店などどこでも手に入れることができるほど一般的なアイテムです。価格も様式もさまざまなので、どのくらいの頻度でどのように利用をしてゆきたいかなどを考えて、相応のものを購入するようにしてください。つけまつげの種類の違いはやはり長さやまつげの量なので、自分のメイクイメージを考えれば選ぶのはそれほど難しいことではありません。
つけまつげをつけるにはまず、のりをつけない状態で自分の目にあててみます。つけまつげは少々大きめにできているので、目の幅に合わないことがほとんどです。長さを測ったら短く幅に合わせたサイズにカットします。切る時には眉用のハサミを使うときれいに切れます。
次につけまつげの両端を指でつまみ、軽く曲げるようにしてやわらかくします。充分に弾力がでてきたらいよいよグルー(つけまつげのり)を根本部分に薄く塗ります。つけすぎないように注意し、不要な部分はぬぐっておきましょう。つけるときにはつけまつげの真ん中をつかみ、目を閉じてまつげの生え際にそっとおくようにします。位置がきまったら指でまつげの真ん中をおさえます。
しっかり装着をするために、目頭にくっついたことが確認できたら目尻に向かって自然に乗せていきます。全部の部分がついたら目を開き、下側からしっかりと押してつけます。最後にマスカラを使って下から上に撫で上げるようにつけます。